自作

BTOメーカーのハイスペックPCがいくらで自作できるか試算

更新日:

よくあるBTOメーカーの最高スペックPCを自作したらいくらになるか計算してみます。

 

1070ti SLI + 8700K構成

CPU:Core i7-8700K
グラフィックボード:GTX 1070 ti SLI
メモリ:16GB
ストレージ:SSD500GB/HDD3TB

このスペックを自作すると予算は以下です↓

マザーボード:¥13000
CPU:¥40000
グラボ:¥120000
メモリ:¥20000
CPUファン:¥5000
SSD:¥13000
HDD:¥10000
ケース:¥7000
電源:¥10000

その他雑品:¥20000

合計:¥258000

かなりハイスペックな内容ですが、30万円以内に収まりました

これをBTOショップで注文すると

¥324000…!(299900円+税)

 

ちなみに、パーツショップの仕入れ値で組み上げると原価はググっと下がります。

つまり、PC1台組み上げる工賃が最低でも6万円、予想だと10万円程度の粗利(人件費を抜いた利益)が出ているということになります。

※1070 tiを2枚のせるより、1080 ti1枚の方が安定して動きます。

 

1080ti + 8700K構成

CPU:Core i7-8700K
グラフィックボード:GTX 1080 ti
メモリ:16GB
ストレージ:SSD250GB/HDD1TB

このスペックを自作すると予算は以下です↓

マザーボード:¥10000
CPU:¥40000
グラボ:¥88000
メモリ:¥20000
CPUファン:¥5000
SSD:¥8000
HDD:¥5000
ケース:¥4000
電源:¥7000

合計:¥187000

今回はマザーボードが明らかなOEM製品でしたので、それなりの価格を当ててみます。

デザインやSSDの容量、システムボード、排熱に関しては不安はあるものの、なかなか無駄のない良い構成でした。かなりコストダウンを意識して、安く売ろうという意思を感じます(笑)

これをBTOショップで注文すると、

¥238000(219980円+税)

です。

最低でも5万円くらいの差が出ています。原価はもう少し安いので、7~8万円の粗利で販売している可能性があります。

 

まとめ

自作の方が安いのでおススメです。

BTOショップで注文するのであればパーツの型番を明記しているショップのパソコンを買うのが吉です。良いパーツを使っている証拠です。

また、デザインも比較してみると大きな違いがありますので、ゲーミングPC選び楽しんでください^^

-自作

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.