マウス&キーボード

TARTARUS V2の使い方!RAZERの片手キーボード

投稿日:

今日はRAZERの片手キーボードTARTARUS V2を使い倒してみようと思います。

何ができるのかを調べ上げて、ひとつずつ実践していきます!

 

TARTARUS V2の良いところと設定方法

とりあえず公式サイトの商品紹介文から、TARTARUSU V2でできることや良いところを自分が気づいていなかった部分が中心ですが抜き出してまとめてみます。私は機能を詳しく調べて使い倒すタイプではないので、どんなことができるのかちょっと楽しみですね。

買ってからだいぶ時間が経っていますが、調べてみると特徴やらやれることやら結構あって、まったく使っていない機能が目白押しでした(笑)

 

メカ・メンブレン機構

メンブレン式とメカニカル式の良いところをとったキーがメカ・メンブレン機構とのことです。確かにキータッチ感はとても気持ちが良いです。

メンブレン式はゴムが使用されていて柔らかいタッチですが、メカニカル式のカチっとした感覚もあっていい感じです。実際に触ってみないと伝わらないと思うのですが、ぜひ触ってみてほしい。

 

パームレストの位置が調整可能

これは全く知らなかった!手が大きい人はデフォルトの位置から後ろにずらすことが可能です。逆に手が小さい人はパームレストを外すこともできます。

自分の場合はデフォルトでOKでしたが、調整できるのはグッドですね。

 

マクロの使い方

複数のキーを押して操作しなければいけないことが、キー一発で入力できるというのがマクロです。ゲームで使うシーンなんてほとんどないよね~って思ってた私ですが、この記事を書いている時にふと気が付きました。

「これはゲーム以外にも使えるのでは??」

で、やってみたらできました。OBSをキー1発で立ち上げるボタンが作成できちゃうんですね!順番に説明します。

①まずrazerシナプスを立ち上げて、「マクロ」タブを選択して「+」をクリックすると新しいマクロが作成されます

 

②作成されたマクロを選択して、「記録」をクリック。出てきた「開始」をクリックしてキーを入力していきます

 

 

③3...2...1...のカウントダウンの後、「ウィンドウズボタン」→「OBS」→「Enter」と入力し、「停止」をクリック

 

④TARTARUSの設定に戻り、マクロを設定したいキーをクリック、「マクロ」タブを選択し、ドロップダウンから作成したマクロを選択

 

これでキー1発でOBSが立ち上がるようになります。もちろん他にも、よくやるゲームを立ち上げるマクロを作ったり、google chromeを立ち上げるマクロもできます。

作り込めばyoutubeで配信をするマクロなんかもできてしまいます。あとはタイトルを入力するだけってとこまでマクロ作ってみたので、次回作り方の記事を書きたいと思います。

youtube配信を1つのキー入力で立ち上げるマクロを作成した

※ちなみにマクロは文字数制限無し

 

Hypershiftモード

たいそうな名前がついていますが難しくはありません。01キーに「a」と「b」の2つのキーを設定しておいて、通常は「a」が入力され、Hypershiftキーを押しながらだと「b」が入力される設定です。

通常の状態ではゲームをやるためにほぼ通常のキーボードと変わらない設定にしておいて、Hypershiftのキーを押している状態のときはマクロが設定されたキー配置にしておく、って感じで使うのが良いと思います。

上記のようにHypershiftに「YouTubeの配信準備をするマクロ」と「OBSを立ち上げるマクロ」を設定しておけば、配信の準備がとても楽になります^^

私は画像の赤丸のキーにHypershiftを登録しています。このキーを押しながら他のキーを同時に押すと登録したマクロが再生されるということですね。

 

1680万色のバックライト

えっ、そんなにあるの?って感じでしたが確かにありました。「ライティング」という項目から「高度な効果」を選んでchromaというカラー設定の機能で編集できます。

残念ながら私にはライティングのセンスがなかったので画像は割愛します(笑)

基本的には「クイック効果」というあらかじめ作られたプリセットを使用すればキレイに輝いてくれますw

 

まとめ

使い方はこんなところでしょう!

特にマクロと、パームレストの取り外し&調整可能という部分を、使っていながら知らなかったです(笑)今後はマクロがっつり使っていこうと思います。

PCの起動からゲームの立ち上げ、OBSの立ち上げ、YouTube配信準備まで自動で行えるのは素晴らしいですね。感動でした。

今回はこの辺で!

-マウス&キーボード

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.