マウス&キーボード

ゲーミングマウスの選び方

更新日:

最近、ゲーミングマウスの種類が大量に増えてきまして、どうやって選べばいいのか難しくなってきました。それぞれ何が違うのか、そもそもゲーミングマウスを使う必要性はあるのかということが気になる方も多いでしょう。

たくさんのメーカーが、たくさんの種類を発売しているのですがそれぞれにメリット&デメリットがあり、人によって合う合わないもかなり大きいです。

そこで、今回はゲーミングマウスの選び方をお伝えしていきたいと思います。

 

ゲーミングマウスの選び方

ゲーミングマウスを選ぶ時に確認するのは、

  • 大きさ
  • 重さ
  • サイドボタンの数
  • 見た目(ライト)
  • クリック音
  • 価格
  • 感度(DPI)

この7点です。特に大きさや重さが一番重要で、次に感度と再度ボタンの数を確認します。実況や配信をやる場合はクリック音が小さいことも大事になってきます。

感度はあまり気にしなくてもOKです、後で詳しくお話します。

 

大きさと重さは手首への負担とプレイに影響する

FPSの対戦ゲームをしていると、できるだけ早く敵にエイムを合わせることが重要になってきます。マウスを細かく、早く、しかもピタッと止めるような動きをするため、手首に大きな負担がかかります。

私のおすすめは軽いマウスなのですが、人によってはエイムが調整しやすいから重い方が良いという人もいます。近距離で視点が動きやすい方はマウスは軽い方が良いですし、長距離で戦うことが多い人はじっくりエイムを合わせるために重めのマウスの方が良いとか。

この辺は実際にマウスを触って決めるのが一番です。秋葉原を散歩して、片っ端から触って、これがしっくりくるというものを見つけるのが良いですね。あとは家で半年、1年と使ってみたらわかります。もっと軽い方が良いとか、もっと重い方が良いなんて思って買い替えるうちにわかっていくでしょう。

大きさと重さについては、価格よりも大事です。大きさと重さは「値段が高ければ良いだろう!」という予測が通用しません(笑)

私はrazerのdeathadder eliteというマウスを愛用しています。軽くて大きさは並です。半年前にROCCATのKone AIMOというマウスを買いましたが、こちらは重すぎて苦手でした。どちらが良い悪いという話ではなく、こうやって軽いものと重いものを2種類持っておいて、どちらが好きになるかを確認しておくのが一番違いがわかります

 

サイドボタンの数は2個で足りるか?

サイドボタンというのはマウスの横についているボタンのことです。ゲームをするときにここにコマンドを割り当てておくと、楽にゲームをプレイできますし、左手でキーボードを入力するよりも反応速度が速くなることもあります。

例えば、フォートナイトというゲームでは、反射的に建設用のコマンドを入力するのが重要になりますが、マウスの再度ボタンに設定しておくと左手で入力するよりも速く入力できるという方も多いです。

また、建設できるものの種類は4種類ありますので、4つサイドボタンがあると楽だったりします。他のゲームでもマウス側にサイドボタンが4つあったほうが便利なことが多いように感じることが多いですね。

押し間違えそうだったり、汚れや見た目が気になる方はサイドボタン2つを選んでください^^

 

ゲーミングマウスは見た目も重要だ!

ゲーミングマウスははっきり言って「嗜好品」です。普通のマウスでもゲームはできますし、普通のマウスと大きく違うのはどこかと言われれば「見た目」と答えます(笑)

あとは高感度で設定できることでしょうか。あんまり重要ではありません。大きさや重さ、人間工学どうのこうのはゲーミングマウスに限ったことではありませんので、あまり関係ないです。

というこで、やっぱり見た目ですね(笑)ここは好き嫌いによる部分が大きいのでいろいろ画像をのせておきますね!

 

①ごっちゃごちゃ系

「Cyborg R.A.T. 7」の画像検索結果

どこが押せるのかわかりません!(笑)ただ、ゲーミングマウスっぽいのでまずはごっちゃごちゃ系をご紹介します。隙間が多く、押せそうな場所が多く、さらに変形しそうなタイプです。変形はしません。

 

②スッキリスタンダート系

私も使っているdeath adder eliteです。これは本当に良いマウスですね。かっこいいし。

logicool系もシンプルでカッコいいですが、少し縦長のイメージがありますね。razerは丸みに特徴があります。まずは触ってみて、お好きな方をお選びください。

 

 ③かわいい系

かわいい系もいいですね。女性ユーザーも増えてきているのでこういうタイプが増えているんだと思いますが、私としてはガーリーじゃなければかわいいの好きです。個人的にはdeathadderもちょっとかわいい部類です(笑)

最近OverWatchにはまってるんですが、D.vaモデルなんてのがあります。

「D.va マウス」の画像検索結果

ご購入はこちらからどうぞ。

 

あとは意外とsteelシリーズがかわいいものが多くて良いですね。

 

配信や録画をするなら静音タイプも検討しよう

ゲーミングマウスはクリック音がしっかりしているものから、クリック音がまったくしないものまであります

私も配信をやっていますが、意外とキーボード音とかマウスのクリック音がマイクに入らないように設定するのは難しいですね。音がしにくいマウスを使うと視聴者さんが見やすい動画にすることができます。

あとは家族にうるせぇって言われないように小さい音のものを選ぶのもいいですね(笑)

クリックしている感覚が気持ちいいから、大きい音のものを!っていうのもありです^^

 

マウスは高ければ良いってもんじゃない!相場は??

ここまでのお話でゲーミングマウスが高ければ良いってものじゃないことはお分かりになったと思います。

大きさや重さ、サイドボタン、見た目、クリック音、これらが自分に合ってるものを選ぶのが良いです。違いがわかれば価格は無意味だということがわかるはずです。

…とは言ったものの、やっぱりちゃちで壊れやすく、動作が安定しないものっていうのは一定数あります。

ゲーミングマウスでしっかりしたもの、ちゃんと使えるものの相場は5000円以上からです。逆に言えば5000円以上だったら、価格が高ければ良いということではなく、上記の違いをしっかり確認して自分に合ったものを選ぶのが良いです。

3000円くらいのマウスを使うとわかりますが、なんかボタンがガタガタしてたり、マウスのコードが硬くて取り回しづらかったりします。

 

感度、DPIってFPSゲームにどんな影響があるの??

まず基本的な情報として、感度高い方がマウスがスムーズ動き、画面が滑らかに動きます。ただ、感度が高すぎるとマウスの動きを正確に読み取ることができなくなる可能性があります→マウスの説明書を見るとたいてい書いてあります。

つまりマウスの感度は高い方がいいけど、高すぎると正確に動かないぞ!ということですね。プロが軒並み低DPIでマウスを設定し、ゲーム内で感度を上げているのもそのせいです。

 

毎年毎年新しい高機能なマウスが発表されていますので、高DPI設定でも使えるマウスが出てきています。2年前は1000DPIまでが正確と言われていたのに、最近は3000なんて言われています。

こうなってくると体感で時代に追いついていくしかありませんね^^;

 

確かに、小さくマウスを動かしたときに違いが分かる気がします。感度を上げすぎると小さな円を描くのが難しくなるように感じます。逆に感度を低くしすぎると動き出しまでの時間が長くなるように感じます。

…ただ、感じますってレベルです。体感なのでやっぱりご自身で確かめて、気持ちが良い設定を見つけるのが良いと思います。

 

というぐらいに感度については曖昧な部分なんですね。だから、高DPIで設定できるから良いマウスだということはありません。高DPIで設定できるということ自体は価値がありますが、2000も出せれば十分です。ちなみにdeathadder eliteは16000まで設定できます。たまに16000で設定してゲームやったりしてみますが、違いはよくわかりません(笑)

感度で比べるよりは、大きさや重さ、見た目を優先して選ぶ方が実用的だしテンション上がりますのでおススメです^^

 

その他の注意点

無線、bluetoothは??

無線マウスは体感ですが反応が遅いです。シビアな反応を要求されるゲームでは有線をお勧めします。

 

ゲーミングマウスはどこで売ってる?

とりあえず色んなマウスを触って見たいという方は、秋葉原に向かいましょう。

おススメはガレリアのデバイス屋さんですね。ここはマウス選びが楽しいです。

東京都千代田区外神田1-11-4ミツワビル

 

マウスの加速は切って使おう!

windowsのマウスの動きは「小さく動かすと遅く、大きく動かすと速く動く」という設定がデフォルトです。ゲームをする場合はこの機能があると一定の動きをしてくれないのでエイムしづらくなります。※加速ありでやってるプロゲーマーもいますが、稀です。

マウスの加速は簡単に切ることができるので切ってしまいましょう。

①windows10の左下の検索窓にマウスと入力する

②「マウス設定を変更する」をクリック

③「その他のマウスオプション」をクリック

④「ポインターオプション」タブの「ポインターの制度を高める」のチェックを外す

以上です^^

 

まとめ

  • 大きさ
  • 重さ
  • サイドボタンの数
  • 見た目(ライト)
  • クリック音
  • 価格
  • 感度(DPI)

以上を確認してマウスを選んでください。

ゲーミングマウスは基本、大きさと重さ、見た目を基準に、5000円以上を目安に選らべばよいということですね。サイドボタンは4つ以上がおススメです。

価格は5000円以上だったら性能はほとんど変わりません。感度も高すぎて良いことはあまりないでしょうし、違いもわかりませんので気にしすぎないでください。

 

今回は以上です、また次回!

-マウス&キーボード

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.