マウス&キーボード

東プレREALFORCEの掃除、お手入れしてみました

投稿日:

今日はキーボードの掃除をしたので手順をご説明していきたいと思います。掃除したのは、ブログを書くにもゲームにも使っている東プレのREALFORCEです。

東プレのキーボードは「静電無接点方式」というスイッチ方式です。隙間が広めなので、ほこりやごみが入り込みやすいキーボードなので、定期的な掃除をしてやる必要があります。

高額なキーボードは分解するのも少し躊躇しますね^^;はじめての場合はなおさらです。今回は2回目の掃除なのですが、1回やってみるととても簡単で時間もかからないことがわかりますので、ぜひぜひやってみてください!

 

結果的には、

「キレイになると入力速度が速くなる!…気がする!」

という程度ですが、本当に気分が良いのでキーボードのお掃除はおススメですよ(笑)

 

東プレREALFORCEを分解して掃除してみる

キートップに汚れがついていたり、隙間にホコリがたまってました。キートップの下は空洞になってますので、もっと汚れてるはずです。ガッツリ掃除してやりましょう!

 

キートップを外す

まずは、PCとの接続を切って、キートップを外していきます。

あんまり汚いのでぼかしておきました(笑)家の中のホコリってどこから湧いてくるんでしょうか。毎日掃除しているんですけどね^^;

キートップは画像のようなピンセットの裏側でひっかければ簡単に外せます。専用のキートップ外しというのもありますが、ただの針金がついた取っ手なので、針金を買ってくれば同じものが作れます。ピンセットでも丁寧にやれば傷はつきませんのでご心配なく^^

今まで使ってきたものの中で一番楽にキートップが外せたのは、金属のものさしでしたね。薄くて硬いものが最高です。

 

掃除機で吸って、アルコールティッシュで汚れをふき取る!

静電無接点方式のキーボードの中身は下の画像のようにスカスカになっているので掃除しやすいです。

簡単にティッシュでごみを拾って、寄せてから、掃除機で大きなごみを吸い出します。

ちなみにキートップは戻すときに困らないように同じならびで左側においてあります。全力で掃除するときは、キートップを水洗いしてアルコールで除菌します。その場合はGoogleで「キーボード 配列」と画像検索して、画像を見ながらキートップを戻します(笑)

 

キートップを戻す

水洗いしないで簡単にやる場合は、アルコールティッシュでキートップをふきながらひとつずつ戻していきます。汚れが取れて白さが際立ちましたね!

ちなみに、何故このキーボードにしたのかというと、この色味と形が「プロっぽいなぁ」と感じたからです(笑)この事務っぽい感じというか、ちょっとIT初期のキーボードの感じがすごく気に入っています。

カッコいいゲーミングキーボードが好きな方は全く興味ないと思いますが…w

 

最後はエンターキーだけ残してみました。はめ込むときにバチっと音が鳴るのですが、エンターキーがラストだととても気持ちよさそうだったのでとっておきました(笑)

バチコンッ!っとこれで完了です。

この記事は掃除が完了したキーボードで書いていますが、なんだか入力スピードが速くなった気がします。※個人の妄想的な感想です

 

デスクはこんな感じです。

このデザインのREALFORCEは本当に「事務」って感じですね。ゲームに使うことは想定されてないとは思いますが、すごく使いやすいですよ^^

裏の配線がごちゃごちゃしてますが、ゲーミングPC(仕事も)とゲーム配信用PC、マイク入力用のオーディオインターフェースなどが並んでいます。

仕事しろよって感じですね(笑)

 

まとめ

キートップを外して隙間を掃除するだけなので、難しいことはありません。

静電無接点方式なんて言葉を聞くと、外したあとどうなってんだ!って不安になりますが、普通のキーボードよりもスッキリしていて掃除しやすいです。

また、ごみやホコリが故障するほど機器の内部まで入り込まないので長持ちします。東プレの静電無接点方式おススメですよ^^

 

本日はここまで!また次回もよろしくお願いします!

-マウス&キーボード

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.