モニター

PS4proの4kよりもPCのほうがキレイ

更新日:

PS4proの画質、何かと問題になってますね。4K画質と謳っていながら、本当は4Kじゃありませんという話。実際はどうなってるんでしょうか??

 

ことの発端はこのQ&A

後半の、

PS4®Proのパワフルなレンダリング技術により、フルHD以上4K未満の解像度でレンダリングし、これを4K解像度にアップスケールして出力することが可能となっています。

という部分に多くの方が驚いて「えっ、じゃあ4Kじゃないじゃん!」「アップスケールってことは本物じゃないのか?」と不安になったことが始まりです。

 

PS4proの4K画質は嘘なの??

一応嘘ではありません。4Kに対応しています。

「4Kのものはそのまま表示するよ」ということを前半の「はい。」という部分で回答しています。

 

後半の言い訳のように聞こえる部分は、「4Kではないものも4K解像度で出力することができるよ」「4Kではないものもできる限り4Kに近づけた映像にするよ」という意味です。ここは言い訳をしようとしたのではなく、「ゲームソフト側が4K出力でなくても、PS4pro側で4K解像度で出力できますよ!」ということを+αとして説明しているだけです。

本当は4K出力できないことを隠しているわけではありません^^;笑

 

PS4proの4K画質はキレイなのか?

家庭用ゲーム機の中では最高のスペックなのでキレイです。ハイスペックなPCでゲームをしたことのない人にとっては、今までのゲーム機とは次元が違うと言えるほどきれいだと思います。

逆に言えば、ハイスペックなPCから出力される4K映像はもっとキレイなんですけどね。そこは後で説明します。

 

注意しておきたいのは、ネイティブ4K対応のゲームソフトはPS4proでネイティブ4Kとして出力されますが、出力される映像のデータ量はそこまで多くないことです。4Kは4Kでも、質の低い4K映像がゲームソフトから読み込まれ、PS4proの性能に見合う画質が出力される、ということです。

結局、PS4proの性能に合わせて作られた4K映像なので、4Kの仕様を活かしきれてはいません。※でも、キレイなことには変わりないですし、4Kの映像を5万円程度で実現したことはすごいことです!

 

本物の4K映像を楽しむには…

4K映像を本気で楽しみたいのであれば、ハイスペックなPCでゲームをすることです。ゲームソフトも4Kをフルに活かした映像を提供し、それをハイスペックPCが出力、モニターに本物の4K映像が表示されます。

PS4proは5万円程度ですが、現状ハイスペックなPCを組もうとしたら30万円弱ほど費用がかかります。その差がないはずありません^^;

「PS4proとPCの画質の差がほとんどわからないレベルに…!www」みたいな記事がたくさんありますが、さすがに嘘です。画像を比較しているのもありますが、フルHD(1080)のモニターでも違いがわかるんです…。4Kで見てないのに違いがわかる。つまり、4Kで見てない人ように作られた画像ということですね笑

騙されないようにしてください。

 

まとめ

PS4proの映像は、今までの家庭用ゲーム機の中でずば抜けてキレイです。しかし、ハイスペックなゲーミングPCには絶対にかないません。※値段で5倍程度の差があるので…

本物の4K映像を楽しみたいのであれば、ゲーミングPCで!

-モニター

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.