モニター

ゲーミングモニター60Hzと144Hzと240Hz動きの違い

更新日:

モニターの選び方の記事でも簡単にお話しましたが、FPSの対戦などでフレームレートの違いがどのように影響するのかをまとめていきます。

 

フレームレートが高くなればFPSは強くなるのか?

答えは「YES」です。はっきりと言えます。特に60Hzと144Hzの違いはかなり大きな違いです。

極端に言えばフレームレートが高くなると、感覚的に敵の動きが遅く見えるようになりエイムがしやすくなります。

以下の動画をみていただくとわかりやすいです。

30fpsと60fpsでこれだけ動きの見やすさが変わります。

60→144、144→240の変化ではこの動画よりも体感では差を感じませんが、高い方から低い方に戻すと「えっ、こんなカクカクだったの!?」と驚くはずです。戻れなくなります(笑)

 

高フレームレートだと何故遅く見えるのか?

高フレームレートの場合、動きが滑らかなので標的に目の焦点がしっかり合っている状態で敵を追うことができます。「目で追うことができる」という状態を脳が「動きが遅い」と認識します。

逆に低フレームレートの場合、敵の動きに残像が残る感じでぼやけます。「目で追いずらい」と脳が感じてしまうので「動きが速い」と認識します。

実際に遅くなっているわけでは無く、「目で追える」という感覚が敵の動きを遅く感じさせます。

 

当たり前ですが、敵の動きが滑らかになるだけでなく、自分が操作するレティクル(スコープのレッドドットなど)の動きも滑らかになります。感度が高くても、表示速度が遅くて敵を通り過ぎてしまうような動きも低減することができます。

 

144Hzと240Hzのモニター、どっちを買うべきか?

これは予算の問題が大きな壁になると思います。240Hzの方がゲームでは明らかに有利になりますが、モニターの値段は最安値で比べた時2倍程度になってしまいます。

また、240Hzのフレームレートを出せるPCを購入しなければいけません。モニターだけ240Hz対応でも、PCが高フレームレートで映像を出力できなければ意味がありません。

60Hz、144Hz、240Hzはモニターの値段や性能の違いだけでなく、パソコンの性能まで考慮して決めていきます。予算と相談して最適な組み合わせを見つけましょう!

-モニター

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.