配信&録画

OBSの映像ビットレートで録画画質がどれだけ変わるか画像で検証!

投稿日:

前回はYouTube配信の画質を映像ビットレートごとに検証しましたが、今回は録画の画質を検証していきます。

配信の場合はYoutube側が再エンコードをかけているということで、動いているときの映像に大きな画質の差は出るものの、静止中の映像には違いが出ないという結果となりました。

しかし、録画の場合は動画の容量が大きくなるものの、画質は制限なしのはず。(※ゲーム自体の画質を上限として)

 

キャプチャーソフトはOBS、検証するビットレートは、6000/9000/12000/18000/40000、この5種類です。静止中のスクリーンショットの比較と、動いているときのスクリーンショットの比較をしていきたいと思います。

PC2台による録画の構成になっており、ゲームをする側のPCではXsplitでプロジェクションしています。※OBSのプロジェクター機能よりもXsplitのほうがGPU使用率が断然低いです。ゲームの画質をあげるためにもプロジェクターはXsplitがおすすめです^^

私としてはやはり、18000と40000に違いがあるのかがポイントですね。どこまで画質はよくなるのか、楽しみです。

※解像度は1080、フレームレートは60で撮影しています。

 

OBS映像ビットレート変更による画質変化

ゲーム画面を動かさない状態でのスクリーンショットの比較と、ゲーム画面を大きく動かしている状態のスクリーンショット比較をしていきます。

 

静止中の画質比較

やっぱり録画でも動いていない状態では画質はほぼ変わらなかったです。一応すべてのビットレートで静止画像を作ったので掲載しておきます。

※ちなみに以下がビットレート6000と40000の背景の違いです。まったく一緒ですね(笑)

動画の画質は動いているときのキレイさを比較しないと意味がないことがわかりました。もちろん、解像度が違えば静止画も画質が変わりますが、同じ解像度であれば動きの比較がメインですね。

 

映像ビットレート6000/静止

 

映像ビットレート9000/静止

 

映像ビットレート12000/静止

 

映像ビットレート18000/静止

 

映像ビットレート40000/静止

 

激しく動いている場合の画質比較

ここからが本題です。映像が動くといきなり画質は悪くなります。情報量がけた外れに増えます。

というわけで画質比較行ってみましょう!

 

映像ビットレート6000/動きながら

 

映像ビットレート9000/動きながら

 

映像ビットレート12000/動きながら

 

映像ビットレート18000/動きながら

 

映像ビットレート40000/動きながら

 

まとめ

動いたときの画質は映像ビットレートを上げることで改善されます。というか、ゲームの録画の場合は基本動いているので映像ビットレートを上げられるだけ上げるのが良い、ということになります。

動いているときのスクショを並べてみました。

ものすごい画質の違いがわかりますね。単純計算で約7倍の画質の違いがこれです。

 

録画PC側のCPU使用率を考慮して動いている状態でCPUに少し余裕が出る程度までビットレート上げてしまいましょう。動画の容量が大きくなる点にも注意です。後で編集をするのであれば処理が重くなり、編集作業が大変になります。編集するPCのスペックも考慮してバランス良くやっていきましょう!

-配信&録画

Copyright© ゲーミングPC制作販売「レイニードッグ」 , 2018 All Rights Reserved.